超音波照射法+吸引法|わきが・多汗症の治療は銀座長澤クリニック[東京]

わきが・多汗症治療は東京の銀座長澤クリニック
0120-520-195
メール相談メール予約
ミラドライ
7つのわきが・多汗症治療

超音波照射法+
吸引法

ミラドライのわきが・多汗症治療効果

超音波で汗腺を破壊したあと吸引・除去。照射法と手術法のコンビネーション治療!

数ミリの穴から管(カニューレ)を挿入するため、傷跡は目立ちません。
照射法よりも効果的で、強い症状の方へおすすめです。

わきのしわに沿って数ミリ切開するだけ。
超音波の照射と管(カニューレ)による吸引で、汗腺を破壊・除去し、臭いと汗の症状を治療します。
照射法より効果的で、強い症状の方へおすすめです。

  1. はじめにHIFU(高密度焦点式超音波照射器)を照射。超音波によって汗腺を破壊!
  2. 仕上げに数ミリの太さの管(カニューレ)をわきの皮膚の内側へ挿入し、汗腺を直接吸引・除去します。

わずかなダウンタイム、しわに沿った数ミリの傷で、約70%の汗腺が除去できる治療法。
「わきが多汗症の症状が強い方」、「範囲が広い方」、「照射法よりも効果的な方法で受けたい方」へ
おすすめする、長澤院長が考案した治療法です。

超音波照射法+吸引法
超音波のピンポイント照射によって、汗腺を破壊します。

設定した皮膚の深さに高密度焦点式超音波を照射する 医療機器を、HIFU(ハイフ)といいます。超音波を汗腺の層に 広く照射することで、アポクリン汗腺・エクリン汗腺に直接作用 し、これらの汗腺を破壊することができます。
皮膚や血管などほかの組織を傷つけることはなく、汗腺のみを 破壊することが可能です。

吸引法とは?
数ミリの太さのカニューレという専用の管によって、汗腺を強力に吸引し除去します。

超音波照射法によって破壊された汗腺を体外へ排出する ため、カニューレという太さが数ミリのわきが多汗症専用の 器具で吸引します。わきのしわに沿って数ミリを切開し、 カニューレを挿入するため、傷跡は数ミリしか残らず 目立ちません。皮膚の内側を直接カニューレが削りながら 吸引する効果もあるため、ウルトラセルの照射だけでは除去 できなかった汗腺も破壊・吸引することができます。手術法に 比べダウンタイムが短く、照射法よりも効果的な方法のため、 学校やお仕事を長く休めないが強い症状に対応できる 治療法を希望なさる方におすすめです。

HIFUと吸引法を同時に行うメリットは?

HIFUは超音波によって汗腺を破壊しますが、それだけではすべての汗腺の動きを抑えることはできません。
一方、吸引法は古くから行われている方法ではありますが、こちらもすべての汗腺を除去することはできません。
そこで長澤院長は、HIFUによる超音波照射によって汗腺を破壊し、管(カニューレ)によってわきの内側を 削りながら吸引し汗腺を排出する方法を合わせて行う治療法を発案しました。
それぞれ単独の治療では残っていた汗腺を、より多く除去することが可能となったため、照射法だけでは 改善しきれなかった「とても強い症状」にも対応できる治療法です。
「HIFUで弱らせて、吸引法で仕上げる」という長澤院長が考案したオリジナルの治療法です。

わずかなダウンタイムと数ミリの傷跡で、とても強い症状にも対応できる治療法!

超音波照射法はすべての汗腺を一挙に破壊することはできませんが、吸引法との組み合わせによって HIFUはすべての汗腺を一挙に破壊することはできませんが、吸引法との組み合わせによって多くの 汗腺を破壊・吸引・除去することができます。
「照射法よりも強い方法で受けたいが、長いダウンタイムや大きな傷跡は残したくない」とお考えの方に、 ぜひおすすめしたい治療法です。

数ミリの切開だから傷跡は目立たない
数ミリの太さのカニューレという専用の管によって、汗腺を強力に吸引し除去します。

超音波照射法+吸引法は、管(カニューレ)を挿入するためにわきのしわに沿って数ミリの切開を行います。
顔の美容整形手術と同様の縫合法で縫い合わせるため、傷跡はしわの一部に隠れて目立つことはありません。
ノースリーブや水着など、わきが見える場面でも周囲に治療を受けたことが分からない点も、 大きなメリットです。

痛みがないマスク麻酔で治療が受けられる

超音波照射法+吸引法は、両わきで約30分の治療です。それほど長い時間の治療ではないものの、 痛みに弱い方にとっては非常に長く感じると思います。
通常は極細の針を使用して局所麻酔を行いますが、「わずかな痛みもイヤ」とおっしゃる方のために、 マスク麻酔による無痛麻酔を使用できます。
うとうとと居眠りをしている間に治療が完了するため、「痛みも治療中の音も感じたくない」とご希望の方に おすすめの麻酔方法です。

施術の流れ
  1. 剃毛剃毛
    わき毛の生えている方は剃毛します。
    わき毛の生えていない方は必要ありません。
  2. 施術デザイン施術デザイン
    わき毛の生える範囲に照射デザインシートで全範囲に照射がいきわたるようデザインします
  3. 局所麻酔・マスク麻酔局所麻酔・マスク麻酔
    消毒後、局所麻酔を施します。
    除痛麻酔(マスク麻酔)をご希望の方は局所麻酔を行う前にマスク麻酔を行います。マスク麻酔が効き、「うとうと」と眠った状態を確認し局所麻酔を施します。
  4. 手術開始施術開始~終了
    施術開始。施術に使用されるすべての器具や什器、備品など全て完全滅菌された状態で行われます。
    およそ40分で施術終了。
  5. 冷却冷却
    マーキングを拭き取り、10~20分程度冷却パックで冷却します。
  6. 術直後の処置術後処置
    冷却後軟膏を塗りガーゼをわきの下に当てて終了です。。
  7. リカバリールームリカバリールームで休息
    除痛麻酔(マスク麻酔)を施した方は術後にリカバリールームで10~30分程度お休み頂きます。術直後はまだ少し麻酔が軽く残っている場合がありますので少々お休み頂くことがあります。
  8. 看護師が術後のご説明をいたします術後の説明
    看護師が服用いただくお薬の説明や術後の注意事項のご説明の他、生活上の注意点などアドバイス致します。
  9. リカバリールームご帰宅前にパウダールームをご利用いただけます
    おかえり頂く前に、ヘアセットやお化粧などお直しはパウダールームをご利用いただけます。
  10. お疲れさまでしたご帰宅
    お疲れ様でした。術後に気になることなどありましたらご連絡下さい。

除痛麻酔(マスク麻酔)を希望の方は、治療前3時間はお食事はお控え頂き、水分補給はお茶や水、スポーツドリンクでお済ませください。
車でのご来院もお控え下さい。

術後ケア
来院予定
  • 原則、経過来院などお越しいただく必要はありません。
  • 毛穴に詰まっている雑菌が自然に排泄されるまでおよそ1週間がら10日ほどかかります。
    この期間中は「残留臭」が生じる場合がありますが、気になる場合は制汗剤の使用は控え、こまめにふき取るなど清潔を保つようにしてケアしてください。
    洗ったり拭き取り清潔にしたりする場合は、強くこすらず優しく拭いてください。
術後ケア
  • 術後に貼りましたガーゼは、ご帰宅後ご自身でお外しください。
  • 軽い運動は3日後より可能です。わきの下が激しく擦れ合うような運動は1週間程度お控えください。
  • 治療当日よりシャワーを浴びられます。
  • 入浴は3日後から可能です。
  • 術後3日間ほどの期間は、患部に軽い痛みや熱感を感じることがあります。症状が長引いたときは落ち着くまで、入浴や運動はお控えください。
  • 飲酒は3日後より可能です。
術後経過の症状について

術後の経過上、起こりうる症状についての説明です。

ほとんど生じないか軽微で済みますが、症状が現れた場合は治まるまではある程度の期間を要します。

※下記の期間は目安です。症状の程度により前後する場合があります。

症状 治るまで
治療範囲の痛みや熱感 1~3日
発赤 1~2か月
内出血(赤あざ・青あざ様の内出血) 2週間~1か月
色素沈着 3~4か月
しこり 1~3か月

術後に気になることや不安なことなどございましたら、お気軽にご連絡下さい。
24時間対応しております。

超音波照射法+吸引法 施術費用

※表示価格は税抜き費用です。別途消費税が必要となります。

※モニター募集について、詳しくはこちらをご覧ください。

モニター募集要項

7つのわきが・多汗症治療
銀座長澤クリニック
東京都中央区銀座2-4-18 ALBORE GINZA 3F ℡;0120-520-195╱e-mail;sd@bi-clinic.com

ページのトップへ戻る

0120-520-195
メール相談
メール予約