ビューホットとミラドライの比較|わきが・多汗症の治療は銀座長澤クリニック[東京]

わきが・多汗症治療は東京の銀座長澤クリニック
0120-520-195
メール相談メール予約

コンテンツ

ビューホットとミラドライ

ビューホットとミラドライは共に従来のわきが・多汗症治療の常識を覆し、手術以外に治す方法が ないといわれてきた腋臭症(わきが)、多汗症治療を切らずに高周波やラジオ波を利用して、 汗腺(エクリン・アポクリン)を焼却させ効率的に改善する最新の治療方法です。

厚生労働省・FDA認可のミラドライ・ビューホットを完備

銀座長澤クリニックは、日本の厚生労働省認・FDA(アメリカの厚生労働省にあたる機関)認可の 「ミラドライ」や「ビューホット」といういずれも切らないわきが・多汗症治療の専用装置を 両方備えている、国内でも数少ない医療機関です。

いずれの機械も優れた性能で高い治療効果を得られる素晴らしい最新医療機器ですが、 治療を検討されている方の多くは「どちらが良いのか?」と迷われていることと思います。

銀座長澤クリニックでは、切る治療(長澤式イナバ法・切開剪除法)を はじめ、ミラドライやビューホットの治療を長くおこなっているため、 それぞれの特徴やメリット、デメリットなど熟知しております。 症状や生活習慣などによってどの治療が患者様に沿うかを判断し、 アドバイスをいたします。

ビューホットとミラドライ 熱作用の比較

イラストはビューホットとミラドライの照射による効果 (変性)のイメージです。

ビューホットはハンドピースについている冷却板で 表皮層を冷やしてヤケドを防ぎます。
その後、先端から高周波の照射針が出てきます。
照射針の深度は0.1mm単位で微調節ができ、深度に よって照射出力を変えながら照射針を通して高周波を 原因組織層へダイレクトに照射することができ汗腺を 焼却します。そのため、照射周辺以外へのダメージを 最小限に抑えることができます。


ミラドライは、マイクロ波を利用することでわきが 多汗症を治療します。

マイクロ波は、組織に含まれる水分に吸収されることで エネルギーが熱に変換されます。

変換されたマイクロ波による加熱は、均一に加熱される という特徴があります。

その特徴を活かしたのがミラドライで、水分の多い汗腺を 標的として、汗腺付近にエネルギーを集中させます。 またエネルギーが汗腺付近に集中するので、汗腺から 離れた組織への影響を最小限に抑えることができます。


ビューホットが皮下に刺し込む針の深度を変えて状態により設定された出力 (レベル1~10が可能)でRF照射しているため平均的な熱変性を広範囲で可能にしています。
ミラドライは、一定の出力で一定の深さに照準が合わされており、強弱(熱作用)は照射の時間で 調整しているため、熱変性の範囲を広める場合は照射時間を長くすることで可能になります。

術後経過はビューホットが優位

術後の経過としては、ミラドライの方は照射範囲が広くなる分、 効果も得やすいですが腫れや内出血などが起こる可能性がわずかにあがるかと思われます。
これは、ビューホットとミラドライの特徴の違いによるもので、ビューホットは極細い針を皮下に 差し込み針の先端からピンポイントにRFを放出してダイレクトに原因組織に熱を加えるのに対し、 ミラドライは皮膚の表面から広範囲にラジオ波を原因組織層全体に照射し熱を加えるためです。

当院での評価

当院は全国でも少ないミラドライ・ビューホットの双方を完備している 専門院です。
当院では、ミラドライをいち早く導入し治療を行っており、近年ビューホットも導入し多くの治療を 行っております。 その治療経験・治療データから、ビューホットとミラドライではわきがの治療効果は ほぼ同等ですが、多汗症状についてはミラドライがわずかに優れ、術後においては ビューホットの方が低侵襲(施術範囲のダメージ)で優位なようです。

ビューホットとミラドライを検証

効果面
種類 説明
ビューホット 臭いの原因となるアポクリン汗腺を主に除去するため、わきが症に特に強い機種です。
ミラドライ 多汗の原因となるエクリン汗腺を主に除去するため、多汗症に特に強い機種です。
施術概要
  ビューホット ミラドライ
施術可能 わきが・多汗症 わきが・多汗症
施術方式 ニードル式RF照射
無数の極細針を皮下挿入し深度を 変えて先端からRFを直接照射、 原因組織を焼灼・破壊
接触式ラジオ波照射
皮膚にコンタクトし、マイクロ波を 照射、原因組織を焼灼・破壊
通院 なし なし
麻酔 表面麻酔・局所麻酔 希望により 笑気・静脈麻酔あり。 表面麻酔・局所麻酔
希望により笑気・静脈麻酔あり。
切開 なし なし
施術時間 約30分 約45分
術後処置 ガーゼ当日のみ ガーゼ当日のみ
日常生活
症状 ビューホット ミラドライ 備考
シャワー 当日より 当日より
入浴 翌日より 3日後より 熱感がある場合はシャワー
アルコール 3日後より 3日後より 痛み・熱感がある場合控える
運動 翌日より 3日後より 痛み・熱感がある場合様子を見る
術後の症状
症状 ビューホット ミラドライ
腫れ 軽微 全体的もしくは部分的に1~2週間
術後の痛み なし~軽微 軽微
内出血 一時的に 稀に
色素沈着 なし、もしくは軽微 一時的に
しこり なし、もしくは軽微 なし、もしくは軽微
瘡蓋(かさぶた) 稀にごく小さなドット状の瘡蓋が
1週間程度
なし
皮膚のひきつれ 皮膚のひきつれ 稀に

当院では症状や生活に沿った方法をご提案いたします。

このページ内容は、当院がこれまで行ってきたミラドライとビューホットの治療経験からどの方法が 患者様に負担が少ないかなどを検証した内容です。
ミラドライが開発されるまでは、わきが・多汗症の治療は一時的な効果を得られる汗止め注射を 除けば、「手術=切る」ということが常識で、

ミラドライの「切らずに高い効果を得られる」治療方法は画期的で今後のわきが・多汗症治療が 大きく変わっていくことを感じ、衝撃を受けたのを今でも覚えています。

ミラドライの治療効果は想像以上に優れており、多くの患者様にご満足いただいております。

ただ、切らずに高い効果を得られるものの、術後の腫れや痛みなどについては、手術した時に近い 感覚があり術後の経過においても注意を払う必要がありました。

それでも、手術に比べれば、術後の負担は大幅に軽減しており、手術せずにこれだけの効果を得られる ことは画期的で、それまで手術ということで治療をためらわれていた方も受けられるようもなりました。
そして、ミラドライの登場から4年後、ビューホットが登場します。
医療関係者の間でビューホットの評判は高く、ミラドライでは顕著であった術後の腫れや発赤、 痛みもほとんど見られず、かといって、治療効果がミラドライに劣るわけでもなく、むしろ優れた 点も多く、大変すばらしい治療装置です。

既にミラドライの治療を行ってきた医療機関のほとんどは、ミラドライの治療だけをそのまま続けて おりますが、当院は治療効果が同等で患者様の負担軽減になることを評価し、より良い治療を 患者様にご提供することを第一に考え、ビューホットも導入し、治療を行っております。

唯一信頼性という点では、ミラドライはFDA認可ということや、ビューホットよりも長い年数の 治療実績があり、ミラドライが優位といえます。

唯一信頼性という点では、ミラドライはFDA認可ということや、ビューホットよりも長い年数の 治療実績があり、ミラドライが優位といえます。

当院はミラドライ・ビューホットといった最新の治療が揃っており、患者様の症状や生活習慣に あわせて治療のご提案をいたします。

ビューホットとミラドライについてどちらが良いか?と、迷われる場合はぜひ、一度ご相談ください。

コンテンツ
銀座長澤クリニック
東京都中央区銀座2-4-18 ALBORE GINZA 3F ℡;0120-520-195╱e-mail;sd@bi-clinic.com

ページのトップへ戻る

0120-520-195
メール相談
メール予約