ミラドライ|わきが・多汗症の治療は銀座長澤クリニック[東京]

わきが・多汗症治療は東京の銀座長澤クリニック
0120-520-195
メール相談メール予約
銀座長澤クリニック「7つのワキガ・多汗症治療」

ミラドライ

ミラドライによるわきが・多汗症治療の効果

手術とほぼ変わらない効果で切らずに治したい方にお勧めの治療です。

最も治療効果の高い「長澤式イナバ法」にはわずか及びませんが、近い効果を得ることができる治療方法です。

ミラドライはマイクロ波を用いて切らずに原因組織を焼灼・破壊して、ワキガ・多汗症を高い効果で治癒します。
ダウンタイムもなく、治療当日からいつも通りの生活ができます。

日本の厚労省やアメリカのFDA(厚労省相当機関)に認可されている唯一の腋臭・多汗症治療装置

ミラドライは、わきが症状が強い欧米人に向けて開発されたアメリカ製の医療機器で、日本の 厚生労働省にあたるFDAに認可されており、2010年より日本国内に導入され医療機関で使用 されています。その後、日本の厚生労働省からみ認可を受けている唯一の腋臭・多汗症治療装置です。

マイクロ波(電磁波)は水分量の多い組織に強く反応

電子レンジ

マイクロ波は皆さんの生活で馴染みのある「電子レンジ」で応用されています。電子レンジは水分の多いものに反応し、熱くなりますが、水分のないものには全く反応せず熱くもなりません。

ミラドライはこの水分に強く反応する点に着目して開発されたワキガ多汗症の治療装置です。


汗腺組織は水分を多く含有 マイクロ波に強く反応し破壊される

マイクロ波照破壊イメージ

ワキガ多汗症の原因となるアポクリン汗腺・エクリン汗腺ら「汗腺組織」は周辺組織より水分を多く含んでいます。

ミラドライはこれら「汗腺組織」をターゲットとしてマイクロ波をわきの下から照射し、汗腺組織を熱変性・破壊し、半永久的な効果を実現します。


独自クーリングシステムで皮膚のダメージを最小限に

ハンドピースイメージ

ミラドライの特徴はマイクロ波による熱変性で、汗腺組織に強く反応しますが、周辺組織も水分を含んでいますのでそのままでは熱の影響を受け「熱傷」リスクが高くなります。

ミラドライには独自冷却システム
「ハイドロセラミック・クーリングシステム」が搭載されており、表皮から真皮までの層を冷却して熱から保護しながら照射ができることで皮膚のダメージを最小限にとどめることができます。


電子レンジと同様のマイクロ波(電磁波)をわきに照てることで、皮膚表面を傷つけることはなく 汗腺組織をターゲットに熱処理し消滅させます。

消滅した汗腺は再発することはございません。

ミラドライの登場により一変したわきが・多汗症治療の常識

ミラドライが導入されるまで、わきが多汗症治療の原因となる汗腺(かんせん)を取り除くには、 少なくとも数センチの皮膚を部分的あるいは広めに切って除去する方法しかありませんでした。

また、「完治はさせたいが切ることには抵抗がある」「手術後の生活の制限やダウンタイムが困る」 という潜在的なわきが多汗症の患者様は大変多く、そのような方の場合、汗止め注射治療を 定期的にお受けになることが唯一の治療方法でした。

ミラドライの登場によりこれからのわきが・多汗症治療は
「メスを使わずダウンタイムの気にせずに受けられる手軽な治療」へと変わることとなりました。

さらなる効果と安全性を求め開発された、「ビューホット」

ミラドライの登場から4年後の2014年、ミラドライとは全く異なったアプローチでわきが多汗症を切らずに治療する「ビューホット」が誕生しました。

ミラドライの方が一般的な認知度は高く、症例数もミラドライが多いようですが、ここ数年でビューホットが飛躍的に症例数を伸ばし、医療業界ではミラドライよりも効果があり皮膚へのダメージも少ないと評判です。

当院ではミラドライをいち早く導入し、治療を多く行ってまいりましたが、ビューホットの高い効果や皮膚ダメージがより少ないなど優れた点を評価し、ビューホットも導入しております。

ビューホットとミラドライとではどちらの治療が良いかというご質問をよく受けますが、患者様の生活習慣や症状によってどちらの機械が良いかをアドバイスしております。


長澤院長オリジナルの照射方法でより効果的な治療を実現

「広角ショット」
広角ショット

多くのクリニックはわき毛が生えている部分のみ照射しますが、当院の治療法はわき毛の部位よりも二回り広く照射することで、隠れた汗腺も除去することができます。


「ダブルショット」
Wショット

汗腺の数、集中している部位は個人差があります。特に症状が強い汗腺が密集した部位に重ねて照射することで、確実に汗腺を除去することができます。


治療効果1

ミラドライは、水分の多い汗腺をターゲットとして、汗腺付近にマイクロ波エネルギーを集中させ、わきが・多汗症を治療します。


治療効果2

「アポクリン腺」「エクリン腺」が集中する層へマイクロ波を照射します。表皮から真皮は冷却されることで抵抗が少なくなり、エネルギーがより深部へ到達します。


治療効果3

マイクロ波のエネルギーは皮下脂肪層と真皮の境界に蓄積され、汗腺に吸収されます。ミラドライのシステムは、熱の及ぶ深さと照射幅を最適化するよう設計されています。


治療効果4

表皮から真皮を冷却し、熱から保護します(ハイドロセラミック・クーリングシステム)マイクロ波は汗腺のエリアに集中するため、より深い脂肪層以降へは大きく影響しません。


銀座長澤クリニックでは、局所麻酔時の痛みも取り除く「マスク麻酔」もお受けいただけます。

ミラドライの治療は、局所麻酔で行われます。

銀座長澤クリニックでは、局所麻酔を行う際のわずかな痛みも取り除くため、極めて細い注射針を使用したり、麻酔薬を専用に調合したり、その他ありとあらゆる手法を用いて行っておりますので、通常はマスク麻酔を行う必要はありません。
また、局所麻酔は医師の技術力によっても大きくその感じ方は変わります。
当院では、専門医認定を受け30年以上の美容形成医療に従事してきた長澤院長が行いますで、さらにご安心いただけます。

それでもやはり過去に受けた局所麻酔の経験などから痛みに対する不安がおありの方は、お気軽にご相談ください。
マスク麻酔を用いて、局所麻酔時のわずかな痛みを取り払い、施術中の痛みを殆ど無くすこともできます。

通常マスク麻酔の費用は3万円となっておりますが、ミラドライ治療限定で、マスク麻酔を2万円にてご案内しております。

  通常の場合 ミラドライ限定
マスク麻酔 30,000円(税別) 20,000円(税別)

ミラドライのアフターケア保証制度

銀座長澤クリニックでは、皆様が安心して治療をお受けいただけるよう、保証制度を設けています。

ミラドライ治療は、1回の治療で90%以上の方がその効果にご満足頂いておりますが、万が一、効果にご満足いただけない場合やより効果を高めたいなどご要望があった場合のために、初回費用の半額で2回目の治療をご提供させていただくお約束をしております。

<保証制度プラン例> わきが・多汗症(両わき)

1回目(初回) 2回目(保証制度適用)
シングルショット 350,000円(税別)
広角ダブルショット 400,000円(税別)
175,000円(税別)
200,000円(税別)
銀座長澤クリニック「7つのワキガ・多汗症治療」
銀座長澤クリニック
東京都中央区銀座2-4-18 ALBORE GINZA 3F ℡;0120-520-195╱e-mail;sd@bi-clinic.com

ページのトップへ戻る

0120-520-195
メール相談
メール予約