わきが・多汗症の総合治療

女性も気になる加齢臭!今すぐ始めたいワキガ対策

わきが・多汗症治療は東京の銀座長澤クリニック
0120-520-195
メール相談メール予約
アンチエイジングコラム

女性も気になる加齢臭!今すぐ始めたいワキガ対策

20~30代の頃は香水やシャンプーの「いい匂い」だったのに、40歳を境目に自分の体臭に変化を感じることがあります。汗のかき方が変わったり、枕に嫌な臭いが付いていたり、自然な老化現象の一つとはいえ「まさか自分が」とショックを受ける方もいらっしゃるでしょう。

年齢とともに現れる加齢臭は男性だけがクローズアップされがちですが、女性でも現れることがありとてもやっかいなものです。体臭の変化を放置しておくとワキガ臭を強めてしまう原因にもなりますので、年代に合った対策を早めに始めるようにしましょう。

汗のかき方が変わる更年期

年齢とともに変化していく人間の体には女性ホルモンと男性ホルモンがあり、どちらのホルモン量が多いかで柔らかい女性らしさやがっしりとした男性らしさといった違いが出てきます。

30代をピークに徐々にホルモン量に変化が見え始め、体力やお肌の状態が変わるだけでなく心理的な面でも落ち込みやすくなったりイライラしたりすることが増えてきます。

すぐソファーに横になってしまい、これまで難なくこなしていた仕事と家事の両立ができなくなることもありますし、お肌や髪のトラブルが増えることもあります。このような例は「これから体が変わり始めますよ」というSOSでもあるので、「年だから」の一言で済ますのではなく、変化に合わせた体調管理が必要です。

特に女性の場合、閉経を境に女性ホルモンが急激に減少する更年期や「プレ更年期」と呼ばれる30代半ばから体調の変化が起きやすく、どのような症状が出るかはお一人おひとり異なります。

汗のかき方に変化が出始めることも更年期の特徴で、自律神経や血管の収縮・拡張作用を調節できなくなり「ホットフラッシュ」と呼ばれるほてりやのぼせが起こりやすくなります。汗をかきやすくなるとこれまでワキガではなかったはずなのに体臭が気になったり、ワキガ臭が強くなったりといった症状を訴える方もいらっしゃいます。

男性に加齢臭が出やすい原因は皮脂の量が女性よりも多く、パルミトレイン酸と呼ばれる脂肪酸が酸化によってノネナールという成分が発生します。加齢臭独特の不快な臭いはノネナールによって生まれ、30代まではあまり分泌されず40歳を境に増えてくる成分であることがわかっています。

女性ホルモンが減って男性ホルモンが優位になる更年期になると皮脂量の分泌が増えていき、女性でもノネナールが発生しやすくなることが加齢臭につながっていると言えます。

生活習慣を見直して臭わない体質へ

更年期が気になる年代になると定期的に運動する方もいれば全くしないというように二分化していく傾向にあります。「頭ではわかってはいるけれど、ジム通いやランニングが続かない」「もともと運動が苦手」という場合も多く、臭わない良い汗をかくことが難しい方もいらっしゃるかもしれません。

ワキガや加齢臭を防ぐためには皮脂の分泌量を適度に抑え、臭わないサラサラした良い汗をかく習慣をつけることが大切です。運動が苦手な方や一歩をなかなか踏み出せない方は食生活の見直しやストレスの軽減、アルコールやタバコの節制というように日常生活の中からできることをしていきましょう。

加齢臭の原因はノネナールという成分であることはお伝えしましたが、細胞を死滅させ老化を促進してしまう「活性酸素」にも注意が必要です。加齢臭やワキガは汗に含まれる物質が酸化するときに嫌な臭いを発生しますので、活性酸素を必要以上に増やさないことが体臭予防につながります。

活性酸素はいわば体をサビさせる原因であり、これは血液中に含まれる中性脂肪やコレステロールにも言えることです。体に悪さをする活性酸素によって悪玉コレステロールが増えていくと肝機能や血液にも影響が出て、不快な臭いがする血液が体を流れることになります。

体の臭いは良い汗と良い血液が流れる体質に近づけることで加齢臭やワキガを最小限に抑えることが期待できます。更年期は生活習慣病にも気をつける年代でもありますので、生活習慣病予防のために行うことは臭わない体質作りにも役立ちます。

ワキガの臭いがどうしても気になる方や年々臭いが強くなっていると感じる方は一度専門医に相談し、アドバイスを受けるようにしましょう。

汗も重要!アンチエイジングのご相談は銀座長澤クリニック

体臭は汗の他にもストレスやタバコ、お酒といった生活習慣によって変わってきます。ワキガの臭いも気になるし、更年期の症状も気になるという方には銀座長澤クリニックのカウンセリングをお勧めします。

当クリニックはワキガ・多汗症治療に加え美容皮膚科として長年の実績を積んでおり、患者様の年代に適した治療をトータルに考えます。東京・銀座という立地にあり、お越しいただいたその瞬間からホスピタリティあるおもてなしでリラックスしていただき、ゆっくりと自分の体やお肌と向き合う時間をお作りいたします。

ワキガや多汗症は諦めずに治療すれば改善が期待できますので、何か一つでもお悩みを解決する糸口がつかめることは更年期を前向きに過ごすポイントでもあります。

雲のようにつかむことができない不安をカウンセリングによって明確にし、患者様に適したアンチエイジングケアをご提案いたします。年齢を重ねて加齢臭が気になり出した方はぜひ銀座長澤クリニックへお気軽にご相談ください。

銀座長澤クリニック
東京都中央区銀座2-4-18 ALBORE GINZA 3F ℡;0120-520-195╱e-mail;sd@bi-clinic.com

ページのトップへ戻る

0120-520-195
メール相談
メール予約