わきが・多汗症の総合治療

もしかしてクサイ?ワキガと体臭の違い

わきが・多汗症治療は東京の銀座長澤クリニック
0120-520-195
メール相談メール予約
アンチエイジングコラム

もしかしてクサイ?ワキガと体臭の違い

人とすれ違ったとき、好きな香りがふわっと広がると一瞬立ち止まってしまうことはございませんか?その人から放たれる「におい」には自ら好んで付ける香水や柔軟剤の「匂い」の他、体臭やワキガといった体から放出されている「臭い」もあります。

いい香りは他人から好まれますが、独特の臭いを放つワキガを持っていると周りへ不快感を与えてしまい日常生活に支障が出たりコンプレックスの一つとして悩んだりしてしまいます。特に日本ではワキガを持つ方が人口全体の1割と少数派であり、周囲との人間関係を良好に保つためにも治療や体質改善は欠かせないものと考えられています。

生活をする上でケアが欠かせないワキガや体臭ですが、実は人間が動物であることの証ともいえるものです。今回は諸外国のワキガ事情についてご紹介し、汗や臭いが持つ役割についてご説明いたします。

気にするのは日本人だけ?世界のワキガ事情

ワキガについて海外へ目を向けて考えてみると、黒人についてはほぼ100%の確率でワキガを持っており、欧米各国やアジア圏など諸外国でも80%の確率でワキガであることがわかっています。日本はというと、ワキガは全体の10%ほどの少数派であり、鼻にツンと来る臭いを多くの人が「不快」に感じているようです。ほとんどの人はワキガではないのでワキガ臭を持つ人がいるとどうしても気になってしまい、子どもの場合いじめや仲間はずれに発展してしまうこともあります。人間の感性に働きかけてくる臭いに敏感である一方、臭い対策について学校や家庭で教えるという文化がないためワキガを持つ人はどうしても一人で悩みがちになります。

ワキガだけでなく体臭そのものが日本人よりきつく感じる海外の場合、幼少期から教育の一環としてセルフケアの仕方を教わります。コンプレックスと捉えるのではなく、そういった体質だからこそ「自分でしっかりケアしましょう」というように生活習慣として覚えていきます。デオドラントと呼ばれる制汗剤や香水をこまめに使用したり、体臭だけでなく口臭にも気を使ったりしています。少し視点を変えると「ワキガがあることの方が世界基準」とも言えますが、日本で生活するとなると諸外国以上に気を使わなければならないのが現状かもしれません。

汗や体臭の役割とは

今度は「人間は動物である」という視点からワキガや体臭を考えてみましょう。ワキガの原因はアポクリン汗腺から出る汗に鉄分やアンモニアなどさまざまな物質が混ざり合って臭いが発生することです。人間の体から出る汗は2種類あり、アポクリン汗腺から出る汗と主に水分で構成されるエクリン汗腺から出る汗に分かれます。人間は常にほぼ一定の体温を維持しながら生きる恒温動物なので、体内に熱がこもると体外へ放出する働きを備えています。熱い夏や心拍数が上がるくらいの運動をして汗をかくことは体温調節の働きがあり、生きるために必要な役割の一つなのです。

汗のかき方には個人差と男女差があり、汗を抑える働きがある女性ホルモン(エストロゲン)が多いと自然と汗を調節することができます。しかし、更年期や何らかの原因で女性ホルモンが減ってしまうと汗が勝手に吹き出てくるホットフラッシュと呼ばれる症状が出てきます。もともと女性ホルモンが少ない男性は季節関係なく汗をかきやすい状態にあり、多汗症になりやすい体質でもあります。汗をかかなければワキガにならなくて済むと思うかもしれませんが、生きていく上で汗は必要不可欠ですので無臭の汗をかくことが大切です。

汗臭さとワキガは全く別物であり、自分はワキガだと思いこんでしまう方もいらっしゃいます。体から発せられる臭いにはワキガ以外にも加齢臭や足の裏独特の臭い、シャンプーで洗ったあとの頭髪の臭いなどがあります。他人に不快感を与えるという意味でワキガはやっかいものですが、ワキガを含む体臭によって人を区別できるということが現在でもあります。動物の世界で考えると臭いで周りに仲間がいるかどうかを判断したり、臭いで異性を惹きつけたりと体臭は生き延びるための手段として使われています。体臭は人間も動物であることの証でもありますので、ワキガであることはなんら不思議ではないのかもしれません。

まずは相談!ワキガチェックは銀座長澤クリニックへ

単なる汗の臭いではなく体から独特の臭いがある場合、ワキガの可能性の他に病気が隠れていることもあります。異常な皮脂の分泌や細菌感染によって頭髪に脂漏性皮膚炎が起こると臭いがきつくなります。炎症で皮膚がかさつきフケがたまったように見えるので、「よく洗っていないだけ」と勘違いされやすく気付いたら頭皮が真っ赤になっていることもあります。血糖値が高い状態が続く糖尿病は体から酸味を想像する甘酸っぱい臭いがします。肝臓病が悪化して肝硬変になっている方は体内でタンパク質が分解されるときにできるアンモニアを肝臓で処理できないため、アンモニア臭が体から発せられていることもあります。

体臭が気になる方やワキガかもしれないとずっと悩んでいるという方はぜひ一度皮膚科専門医への受診をお勧めします。美容皮膚科・美容外科として実績や症例数が豊富な銀座長澤クリニックではワキガや多汗症治療に取り組んでおります。ワキガチェックについてはホームページ上でご紹介しておりますが、あくまでチェックポイントの例なので最終的には医師が皮膚の状態を診て判断することになります。ずっとワキガだと思って悩んでいたのに「ワキガではない」と言われる方もおりますし、症状にも軽度・中度・重度と個人差があります。ワキガの症状が軽くなったと自覚できるまで何度でもご相談に応じます。お一人で悩むことなく、ワキガの治療を始めたいとお考えの方は銀座長澤クリニックまでお問い合わせください。

セルフチェックはこちらから

銀座長澤クリニック
東京都中央区銀座2-4-18 ALBORE GINZA 3F ℡;0120-520-195╱e-mail;sd@bi-clinic.com

ページのトップへ戻る

0120-520-195
メール相談
メール予約